中国人民元・IMF主要通貨に!

9月の終わりに、

気になるニュースが入ってきました。

今後市場を読み解く上で重要なカギになるかもしれません。

 

IMFは人民元を第三の主要通貨に位置づけました。

 

つまり10月からは人民元の需要が大きくなるとの見方が強く、

当然円そのものにも大きな影響は出るでしょう。

 

でも人民元は中国国内ぐらいでしか出回っておらず、

海外へはほとんど流れていないのが現状です。

 

今は規制も緩くなったとは言え、

不透明さはかなり高くなっています。

 

だけど中国はじりじりと力をつけていき、

世界経済の命運を握るまでになりました。

 

人民元の動きで、

市場そのものが様変わりするかもしれません。

 

引き続きドルや円を中心に見ていきたいものですが、

これからは中国の動きにも注意した方が良さそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です